ベッドやバスルームなどファシリティについて

2024年2月18日

銀座、新宿、池袋、渋谷など都心には多数のホテルがあります。
日本の首都である東京ですので高級路線からビジネスホテルまで多くのバリエーションがあります。東京ならではの特徴を考えてみます。
部屋のマットレスにはモットンマットレスを置くなど各ホテル拘りを感じます。


東京のホテルの部屋は狭いのは仕方ない

都心には駅近であったり少し歩いても大変素晴らしいホテルが多くあります。
残念ながら地価や人件費も高くなりますので、どうしても一部屋あたりの部屋の広さは狭い傾向になります。そこはある程度諦めるか予算を多く出すしかないようです。
それでも壁の厚さで防音対策、狭くても快適に眠れるように高級なモットンマットレスレベルのマットや枕を用意してあり快適な宿泊になるように工夫されております。
ビジネス客も多いこともあり夜以降は隣の部屋に気を使い音を立てないようにしお互い迷惑にならないようにしている傾向があります。


高級なマットレスが多い傾向で快眠をサポート

東京は日本で一番ホテルが多く高級クラスからシティーホテル、ビジネスと多種多様なランクがあります。

それでも共通して言えるのはベッドのランクが大変高くマットレスも最高級にし、お客様に快適に寝てもらえるように力を使っているように思います。 枕も大きなものが使い切れないほどいくつも置いてあっりりします。

経験的には枕は低いマクラ少なくクッションではと思うような高くてフカフカのものが多いです。
好みもありますので硬めのマットレスやマクラが希望の時は予約時に伝えておけば対応してくれると思います。感覚的には硬めのマットレスが多いようですので追加で人気のモットンマットレスなど敷くことが可能なマットもありますので、硬いときはフロントに連絡すると持ってきてくれます。硬めの低い枕などもいえばあると思います。

ベッドマットレス

東京のホテルはプールやスパとさすがのサービス

外資系や一流ホテルにはホテル内にプールやスパなど豪華な設備もあります。
高層階のプールがあったり屋外のパターンもあります。宿泊者は無料で利用できるところがおおく水着や水中メガネなどもレンタルも可能です。
フィットネスエリアなどもありスポーツクラブのような施設になっているホテルが東京にはいくつかあり、宿泊しなくても1回の使用量や月会費で利用できるところもあります。
高級ホテルに泊まるときは水着を持っていき、寝る前や翌日朝に利用しますと優雅な気分が味わえます。このクラスになりますとプールは比較的空いており、泳がなくてもプールサイドのデッキチェアに座って本を読んだりしリラックスすることが可能です。
特に高層階からの景色はすばらしく夜景なども楽しめます。お水や果物なども無料で使えます。もちろんバスローブやバスタオルもありますので、利用後スパで身体を洗ったりシャワーができます。